長時間の移動ではしっかり休めるかが鍵です

高速バスの利用

バス内でリラックスするために

締め付ける服はなるべく避けよう

お腹や肩や胸などを締め付けるような服装はできるだけやめましょう。このような服装は寝辛いだけでなく、血液の流れを遮り体のむくみや不調となるときがあります。いつもピシッとした服装の人はもう1サイズ上の物にするといいでしょう。

旅行用枕を使う

シートに頭をもたれかけるだけでは上手く眠れないという人は、なるべく旅行用枕を持参しましょう。頭が固定されるので休みやすくなります。

乗る前にコーヒーや紅茶などは控える

カフェインの含まれるコーヒーや紅茶は利尿作用が強いので、乗車中何回もトイレに行きたくなってしまいます。何回もトイレに立つと周りの目線も気になりますのでなるべく避けたいですよね。

酔いやすい人は座席に注意

自分が良いやすいタイプであればなるべく揺れの少ない、真ん中あたりの席を希望するといいでしょう。

体勢をこまめに変える

同じ体勢で長時間座っていると、より疲れやすくなってしまいます。起きている時は30分毎に椅子に座る位置などを変えて行きましょう。

広告募集中